家族婚でいいの?失敗しないためのチェックポイント

by admin on

家族婚をするときに気をつけたいポイント!

家族婚をしたいという人が多くなってきています。家族婚とは新郎新婦の両親と兄弟、親戚、親しい友人だけを招待した少人数の結婚式のことですよね。最近は家族婚が人気なので、ホテルでも少人数の結婚式のプランが多くなりました。親しい人だけを呼ぶので気楽にできそう・・・と思っていたら、ちょっと甘いかもしれません。人数が少ないので準備が楽だったり費用が抑えられる部分もありますが、招待客一人一人に十分に気を使うことができる状況なので気楽な結婚式とはほど遠いものになることがあります。自分と相手の招待客の顔を思い浮かべて、頭の中で家族婚のシュミレーションをしてみましょう。

初めて会う親戚には第一印象が大切・・・

家族婚だと普通の披露宴とは違い、招待客全員の様子がしっかり把握できます。食事に満足しているか、会話は弾んでいるか、楽しめているか、すべての反応が手に取るように分かるので、結婚式の主役というよりパーティーのホストのように気を使うことになります。自分側の招待客は気心の知れた人を招待しているので問題ないですが、相手側の招待客はほとんど初対面の人もいるのでそういうわけにはいきません。うっかり失礼なことを言ってしまうと今後の結婚生活に問題が出てきてしまうことさえあります。また、お酒が入った友人が余計なことを話して雰囲気が悪くなってしまうということもよくあるので気をつけましょう。相手の家族にいい印象を持ってもらえるような人選が大切です。できるだけフォーマルな雰囲気を崩さないようにするのが無難です。

招待できなかった友人や親戚には必ず連絡を・・・

家族婚に招待することができない親戚や友人、また会社の上司や同僚にも結婚の連絡をしておくようにしましょう。友人の場合は自分は招待したのに招待されなかったとがっかりしてしまうことがあります。事情があって家族婚をすることにしたので招待できないということを予め連絡しておくようにしましょう。本人からの報告がないのに、ほかの人から結婚の話が耳に入ると友人の気分を損ねることになりかねません。二人の結婚のスタートラインですから、結婚式はできるだけ穏やかなものにしたいですよね。準備をしっかり整えて、素敵な結婚式にしましょう。

最近人気なのが、派手婚の反対で家族婚です。アットホームでも、家族の親密感が高まってとても感動的です。

Written by: admin